はろー、Sweetie 元気かい?

今週も親父が考え行動したことをシェアしたいから聞いてくれ。

今週のスケジュール実行状況

39日にミッションステートメントのさらなる改善点が見つかったんだ。

だから、また一から書き直し始めた。

3月15日くらいにはミッションステートメントの書き直しが終わる想定だったけど、まだ長引きそうだ。

3月31日までにはなんとか書き上げようと思う。

・・・・

少し反省点を。

これまでミッションステートメントの書き直しを時間で管理していなかった。

「この日までに終わらせる」と期限を区切ってなかったんだ。

なぜなら、期限を設けると、とにかく終わらせることを優先してしまうから。

後で読み返すと、納得のいくものが書けてないっていう状況を何度か経験してるんだよな。

ただね、期日を設けないと集中しきれない。だらける。

ある程度の期日設定は必要と感じたね。

今後もっと上手い方法を模索していく。

あなたのミッションステートメントは本当に明確か?

仕事の行き帰りで、セルフイメージを繰り返し唱えてる。

仕事帰りなら、この後の家族と過ごす時間が充実するように

「私はスーパーラビングファザーである」

という具合だ。

こうやってセルフイメージを唱えるのは、行動を劇的に変えるから是非やった方がいいよ。

セルフイメージを唱えながらいろいろ考えてるんだけど、

3月9日(月)の仕事帰りに、家族愛のミッションステートメントについて思いを巡らそうとしたら気づいたんだ。。。

家族愛のイメージが湧いてこない。

ていうか

ミッションステートメントが思い出せない

頭に霧がかかったように、モヤモヤとして明確に頭に浮かんでこない。

これは大問題だと思ったわけ。

人生の指針として掲げているミッションステートメントが思い出せないなんて、、、

書いてる意味ないじゃん!

で、

なんでミッションステートメントが思い出せないのか、考えてみた。

それで分かったんだけど、イメージ感情がミッションステートメントに結び付けられてなかったんだな。

家族を愛することで、どんな結果・感情を得たいのか

その時、家族はどんな顔をしているのか

ミッションステートメントにはそれっぽいことが書いてあるけど、まだ足りない。

先週にミッションステートメントを書き直したばかりだけど、まだまだ不十分だと痛感したんだ。

そして、自分の心の中を見つめてみて、どんな感情を本当は求めていたのか、分かった。

「信頼」

愛に基づく信頼関係を、家庭の中に育みたかったのだ。

そうして書き直したミッションステートメントは、これまでのものよりはるかに強力で、魅力的なものになった。

家族がどんな顔をしていて

どんな気持ちでいるか

理想の姿がより明確になったんだ。

あなたはどう?

あなたのミッションステートメントは本当に明確ですか?

行動を変えるならこれまでと違うことをしよう

仕事に行く時は、「私はマザーテレサである」という言い聞かせをしている。

親父にとって、仕事は家族以外の人を愛する場なんだ。

こういう考え方をするようになったのはごく最近。

それまでは昼間の仕事は、自分の時間を生活費に変換するための無味乾燥な時間だった。

ところがセルフイメージを唱え始めてから、少しずつ行動が変わってきた。

挨拶を前よりも気持ちよくできるようになったし

電話の対応が、より相手の心を想う話し方になってきた。

相手を理解しようとして話しているからか、クレームじみた電話もなくなった。

311日には、トイレ掃除のおばちゃんに挨拶しようと心が動いた。

これまでは挨拶するかどうか迷って、結局しないの繰り返しだったんだけどね。

この日は、挨拶しようという気持ちが心から自然と湧いた。

ところがだ、

「今まで挨拶してないのに、挨拶するのはなんか変だ、一貫性がない」

と、思考がブレーキをかけてしまったんだな。

結局挨拶できずじまい。

これは、非常によろしくない。

生き方を変えたいなら、行動を変える必要がある。

その中で、従来の行動と一致しない、一貫性を欠く場面が出てくる。あたりまえだよね。

一貫性を大事にすべき場面はたくさんあるけれど、行動を変えたいときは別だ。

だから親父も、いらない一貫性はどんどん捨てていくよ。

挨拶は相手を自分の夢の舞台に上げることである

親父は挨拶が苦手だった。

「挨拶した方がいいかな」

「挨拶しないと怒られるかな」

っていつも考えながら過ごしていた。

挨拶を義務として捉えてたんだな。

人から影響を受けるのを避けていたのかも。

これまでは内面が未熟だった。

だから、コミュニケーションを取って人から影響を受けるのを避けていた。

内面が未熟だと、簡単に自分の軸がぐらつくからね。

「挨拶した方がいいかな」「挨拶しないと怒られるかな」と考えながらするのは防衛的な挨拶だ。

そうではなく

挨拶したいから挨拶するのだ。

7つの習慣で生きようと決めてから、挨拶は「やりたいこと」に変わりつつある。

今は、人を愛したいし、理解しようという意志を相手に伝えたい。

挨拶は、相手への愛の証であって、Win-Winの関係を結ぶための下準備なんだ。

挨拶は相手を自分のミッションに巻き込むこと。

相手を自分の夢の舞台に上げることだ。

完璧主義は第2の習慣が足りない?

JMatsuzakiさんのツイートが印象に残った。

完璧主義に陥るのは「強いこだわりがあるから」というより「どこが重要か分からないから手当たり次第」ってときが多い

(中略)

本当に強いこだわりを持てているなら、最も力を注ぐべき重要部分が分かってるので完璧主義に陥らない

「どこが重要か分からないから手当たり次第」というのは、第2の習慣が足りてないのだと思う。

つまり、終わりを思い描けていない。望む結果が分かっていない。

望む結果が分かってないから、目の前にあるものを全部やることになる。

他に大切にするべきものがあっても、目の前のことに時間を取られる。バランスが取れない。

仕事が好きで、こだわりを持って仕事をしていても、生活全般を見渡すと何となく満たされないところがあるんだよね。

親父はそうだった。

で、親父の経験を絡めてさらに言うと、

「どこが重要か分からないから手当たり次第」な人は、他者とシナジーを創り出すことができない。

自分にとって重要で変えたくないところと、相手の意見を活かして変えるべきところの境界が見えないから。

人の意見を受け入れるのが全面的に怖くなるのだ。

だから、自分にとって何が一番大切かを決めよう。

そして一番大切なものを一番大切にしよう。

人生においても、遊びにおいても、仕事においても。

・・・・

あなたの人生に幸あれ メカ親父