先週からずっと、ブログ原稿を書いては消しを繰り返して、なかなか投稿できないでいました。

書いていてどうも違和感があったんですよね。

その違和感の正体について考えてみたのですが、

うまいことを書かなくてはいけない

そんな思い込みがあったような気がします。

 

うまいこと書かなくてはいけないと思う背景には

これを読む人に何かを教えてあげなくてはいけない、とか

何か気付きを与える記事でなければならない、とか

そうした焦りのようなものもあったのかもと。

 

そしてこれは今書いていて気づいたのですが、教えてあげるとか気付きを与えるとか、

なんか上から目線で嫌ですね。

 

もっと肩の力を抜いて、ただの日記を書けばよいのかなと。

そう感じた次第です。