今回は、目標がないと気づきが得にくいというお話。

このブログのトップページでも話していますが、

~しなきゃ

~すべき

みたいな、心の底ではやりたくないのに、義務感でやるというのはもうやめたい。

そうした思いがあるものですから、ブログTwitter手帳で目標を管理するのも、いったん手放しておりました。

やりたくてやっているのか、やらなきゃと思ってやっているのか、分からなくなっていたので。

 

でも、最近改めて気づいたんです。

目標がないと日々の気づきが減ります。

これは、ベストセラー「メモの魔力」の中で言われていることにも通じますが、

「解くべき課題を」明確に持っているか?

ということで。

毎日つぶやくという目標をもってTwitterをやっていたときは、

つぶやくネタとして、気づきを得ようと毎日頭をフル回転させていたのでした。

Twitterの習慣を少しネガティブに捉えていたところでしたが、

気づきを促すという観点では良い習慣だったと思い至りました。

 

私は、気づきに満ちた人生を生きたいです。

新しい発見がたくさんあった方が楽しいと感じますし、自分の成長も実感できると思うので。

だから、解くべき課題を、目標を明確に持っていたいです。

「~しなきゃ」ではなく「~したい」という前向きな気持ちでそう思います。