自分はできる!やり遂げられる!!と信じましょう。

目標達成の文脈でそんなことがよく言われます。

できると信じれば、きっとできると。

ぱっと見、精神論的ですよね。

本当かよ?

と私も疑っていました。

でも、これまでの経験を振り返ってみると、本当のことだなぁと感じます。

できると信じれば、きっとできます。

 

どうして、できると信じるとできるのか。

それは、できると信じることで次の2つの恩恵が得られるからだと思います。

  1. どうすればできるかを考えられるようになる
  2. できるまで試行錯誤できるようになる

 

ゲームを例にとって考えてみましょう。

例えば、魔王を倒すことを目指すRPGの場合。

あなたの分身である主人公が平凡に暮らしているところに、ある日魔王が目覚めます。

そして、お前は勇者だ。あの魔王を倒せと偉い人から言われるのです。

そんなの無理だよ。。。と困惑しながらも、主人公は戦いに身を投じていきます。

でも、主人公を操作するあなたは分かっているわけです。

このゲームはちゃんとクリアできるように作られているということを。

順序だててゲームを進めていけば、やがて魔王を倒せるようになっていることを。

だから、途中のボスがどんなに強くてもあきらめません。

絶対に倒せるとわかっているから、どうやったら倒せるかを考えながら何度でも挑戦できるのです。

ボスが倒せないのはやり方が悪いだけだから、いろいろなやり方を試してみようと試行錯誤ができるわけです。

だからこそ魔王までたどり着けるし、魔王すらも倒せるのです。

 

人生も同じではないか、と私は思います。

目標は絶対達成できるし、達成できないのはやり方を間違えているだけ。

よく考えていろいろなやり方を試行錯誤していけば、きっと目標は達成できる、と。

 

ゲームのプレーヤーの中には、ボスが倒せないと糞ゲー(糞みたいなゲーム)だと言ってゲームクリアを放棄する人もいます。

人生は糞ゲーじゃありません。

あなたが今立ち向かっているボスはきっと倒せます。