自分の本心を的確に言語化したい。

以前この記事を書いたときにできなくて、

自問自答がヘタっぴで失敗した話

それがとても悔しくて、

なんとしてもできるようになりたいんだ。

解決の方向性は見えてるから、

自問自答と第2の習慣の話(カレーとハンバーグを添えて)

あとはそれを実践に落とし込んでいく。

具体的には、アンカーを作ることを考えていくよ。

今日はこのアンカー作りに向けて、セルフコーチングしてみよう。

何について話したい?

アンカーを作りたい。

アンカーを作って、自分の本心をいつでも言語化できるようになりたい。

 

自分の本心ってなに?

自分の外側の要因に影響を受けていない、自分の本当の気持ちのこと。

 

自分の外側の要因って?

世間体

他者の要望

建前

金銭的制限

身体的制限

とかかな。

 

自分の本心を言語化したいと思ったきっかけは?

こないだ就活の選考を辞退した時に、自分がしっくりくる辞退理由がその場で言えなかった。

自問自答がヘタっぴで失敗した話

自問自答と第2の習慣の話(カレーとハンバーグを添えて)

自分の本心を言葉にできなかったのが本当に悔しかった。

自分の本心を言葉にすることを望みながら、

実際は派遣会社の心証を悪くしないことを念頭に辞退理由を考えていたんだ。

派遣会社の担当が先方に辞退理由を説明する必要があるから、ちゃんとした理由を言わないといけないと思った。

つまり、私自身の辞退理由ではなくて、派遣会社が先方企業に説明するための辞退理由を探していたわけだ。

 

ここまで書いてみてどう?

相手の立場を慮って何かを考えるのは、良い結果を生まない。

、、、という教訓を導こうと思ったけど、それは悲しい考えだと思う。

そういう悲しい信念は持ちたくない。

・・・・

きっと、あの場面で必要だった私の行動はこれだ。

派遣会社の担当が私にどんなことを聞きたがっていたのか、確認する

要は、担当とのコミュニケーションが足りなかったんだ。

 

でも、今回は私も良くやったと思う。

中でも顕著だったのが、自分の思考過程を口に出していたこと。

これは今までやってないかった。

自分が愚かに見られるリスクを顧みずに自分の思考過程を口に出していた。

自分でも支離滅裂だと思いながらも、思考過程を口に出して、私の考えを担当に伝えようとしていた。

自分の気持ちと真剣に向き合おうとしていた。

自分とコミュニケーションを取ろうと必死だった。

でも、あの場面では、派遣会社担当とのコミュニケーションも同じく重要だったのかもしれない。

 

どんなコミュニケーションを取るべきだったのか

正直、担当は質問が下手だった。

こうやって聞いてくれれば辞退理由を上手く答えられたのに!って思う部分もある。

でも、担当の質問が下手でも、私にもできることがあった。

何を聞きたいのかを担当に問えば良かったんだ。

それができなかったのは、辞退すると決めた時点で、担当に負い目を感じてしまっていたのかも。

負い目を感じてしまったから、こちらから担当に質問するのがはばかられた。怖かったのかもしれない。

 

今後私はどうすればよいのか?

情報が足りてないことに気付く

足りない情報を質問で補う

 

セルフコーチングを終えてみて

今回はテーマ再設定が起こった。

最初はアンカーを作りたいという話だったのが、最終的にコミュニケーションの話になった。

途中で本心を言語化したいと思ったきっかけについて書こうとしたわけだけど、そこで自己探究モードに切り替わるのを感じたんだよね。

スラスラ事実を述べ立てるんじゃなくて、自分自身との対話が始まる気配を感じたんだ。

で、自分と対話しながら、その場面で感じたことを現場検証してみたら、最終的にコミュニケーションの話になっていたと。

セルフコーチングでも、こういうことが起こるんだから、対人でコーチングしたらもっといろんなことが起こるんだろうな。

この自分の本心の言語化する件については、今後も自分の認識が書き変わっていく可能性があるから、またその都度記事にしてみようと思います。

 

※※このテーマで考えたこと※※

この記事で書いたことは私の中でとても重要なテーマなので、ブログの中で何度も取り扱っています。

関連記事はこちら(時系列順)

自問自答がヘタっぴで失敗した話

自問自答と第2の習慣の話(カレーとハンバーグを添えて)

セルフコーチングしてみた(自分の本心を言語化できない件について)