食事の前のいただきますを誰に向けて言うか?

という話です。

 

調理してくれた人に言うものでしょ?

私は以前そう考えていたのですが、違うやり方もあるのかなと。

 

どうするか?

 

自分の命をつなぐために必要な食事が、今目の前に提供されている

そのことに関わったすべてのものに思いをはせます。

 

調理してくれた人はもちろんのこと

命を差し出してくれている食材

その食材を育てた大地や海

その大地や海を豊かにしている、風、雨、川、小さな生き物たち

その食材を収穫した人

その人の家族、友人、学校の先生

食材を加工する機械を作った人

 

・・・・

 

列挙したらきりがありませんが、とにかくすべてです。

 

目の前の食事を頂くにあたって、たくさんの営みがかかわっている。

それを思い浮かべる。

なるべく鮮明に思い浮かべる。

全部思い浮かべたら、これもきりがありませんから、時間が許す限りで。

 

別に感謝じゃなくてもよいと思います。

「たくさんの営みのおかげでご飯が頂けてありがたい。」

とか考える必要はないです。

 

ただ、たくさんの営みがかかわっていることは事実です。

事実を事実として認識する。

そしてそのことに思いをはせる。

まずは、それだけで十分です。

 

自分が生きていること

それはたくさんの営みとともにあること

それを実感することで、みんなに守られているような心強さがあります。

「ありがたい」という感謝の気持ちは後から勝手についてきます。