なかなかショッキングなタイトルですが、

仕事を本気でやっていると、そう思う場面に出くわしませんか?

私はよくありました。

 

俺が一番仕事を頑張ってる

俺が一番この問題を理解している

だから俺が一番正しくてお前は間違っている

正しい俺の考えを理解できないお前はアホだ

 

振り返ると何とも恥ずかしいですが、昔の私は本当にそう思ってました。

痛いですね(笑)

きっと自分の正しさを認めてほしかったんです。

「頑張ったね」って言ってほしかったんです。

仕事が私のアイデンティティだったんです。

自分を守るために相手を負かそうとしていたんですね。

可愛いものです。

 

人は世界をあるがままに見ているつもりで、自分のあるがままに世界を見ているのだ

7つの習慣の冒頭でそんな言葉がありますが、当時の私はまさにこれでした。

非常に視野が狭かったし、視野が狭いことに気づきもしませんでした。

視野の狭さを指摘されたとしても、それを認めることはしなかったでしょう。

 

今なら、もう少しうまくできると思います。

他者を尊敬して考えを受け入れ、一緒により良いアイデアを作り出すことが出来ると思います。

 

今日どうしてこんなことを書いているかというと、タイトルに書いたようなことを感じる瞬間が昨日あったからです。

新しい施策のプレゼン資料を作りながら、どうやってこれを通すか、どうやって自分の正しさを認めさせるかに意識が向いていました。

5秒で気づきましたが(笑)

 

7つの習慣の実践を始めて、間もなく2年が経とうとしています。

人格的成長を目指してひたすら取り組んできました。

まだまだ至らないところもありますが、着実に成長できていると実感しています。

(今日みたいなトピックもへらへらしながら書けますし笑)

 

今後も引き続き頑張っていく所存です。