最近、生きることや命について考えています。

生きるとは何か

とは何か

とは何か

本にあたったり自分で思考したりして、自分の中で気づきを重ねてきました。

 

最近特に力を入れているのが、死を意識すること。

先日こんなツイートをしました。

死はネガティブに捉えられがち。

でも、死があるからこそ、生の輝きが増すのです。

 

私は、生きている時間を輝かせたいです。

メラメラと燃えるように生きたいです。

そのために、何としても死を明確に意識したいのです。

 

とはいえ、普段から死を意識するのは容易ではありませんね。

生きているこの時間がいつまでも続く。

そんな漠然とした妄想に支配されたがちです。

いつか死ぬことは明白なのに、そのことがなかなか実感できません。

 

でも、ようやく死を意識する方法が分かりました。

100日後に死ぬと妄想するのです。

そうです。「100日後に死ぬワニ」から思いっきり影響を受けています(笑)

私の中では効果は抜群。

同作を読んでいた当時の感傷的な気持ちが甦ることで、自分の生について愛おしさが湧きあがってきます。

生きている時間を大切にしよう

目標に向かって精一杯頑張ろう

そうした前向きな気持ちが自然と心を満たしてくれます。

 

人は皆死にます。

意外と簡単に死にます。

その事実を受け止めましょう。

自分の死と向き合うことで、あなたの人生はより輝きを増すはずです。