【私が人を助ける】と【人が助かる】だったら、【人が助かる】を求めたいという話。

今、ハビエル・ガラルダという神父さんの本を読んでるのですが、その中にこんな一節があります。

私が求めるのは「私が人を助ける」ことだと言えば、結局「私」が主人公になって、褒められる。感謝される。

(中略)

ところがイエス様はそうは言わない。「人が助かる」「人が癒される」、そこに「私」は出ない。

翻って、私について振り返ってみると。

私は人に「貢献したい」「勇気づけたい」と思っているものの、そこに「私」が出すぎていないだろうか。そんな視点が出てきました。

「貢献する」も「勇気づける」も、文法上は「私」が動作主で主体です。だからこの場合、私が主人公なのは良いとは思います。

ただ一方で、相手も主人公なんですよね。そこを忘れないようにしたいものです。

「私」という意識が過剰ではないだろうか

「褒められたい」「感謝されたい」というエゴが先行していないだろうか

相手も相手の人生の主人公だという事実を忘れていないだろうか

 

そうした気持ちの点検は常に必要だなぁと感じます。