今日は刺激と反応の間の話。

 

刺激と反応の間のスペースには広さがあるんじゃないかと思ってます。

自分が負っている責任の度合いでこのスペースの広さが変わるの。

子どもがご飯を食べない。イライラ

部下が仕事で失敗した。イライラ

前者は子どもの発育について、後者は仕事の成果について、自分が最終責任を負っていると思う。

だから、刺激と反応の間のスペースが狭くなる。イライラしやすい。

その逆は無責任。

自分が責任を負っていないと思えば、刺激と反応の間は広い。

というか、無責任な人は刺激という概念すらないんじゃないか?

無責任な人は何が起こってもイライラしないはず。

 

うちの子どもがアトピーでさ。

生まれて間もないころからずっと夫婦で肌荒れと格闘してきた。

子どもがかくとイライラする。

これは、肌荒れを改善する最終責任が親にあると思ってるから。

でも、このイライラ具合には夫婦で格差があって。

嫁はすごくイライラするけど、私はそこまでじゃない。

もちろん私は、刺激と反応の間を意識して、反応的にならないようにしてる。

でも、そもそも、肌荒れについて負っている責任感が夫婦で違うのだと思う。

実際、肌荒れがひどくなったら病院に連れて行くのは嫁だし、

子どもがママっ子というのもあって、肌荒れの薬を塗るのも嫁。

今のところ、子どもがかくとしわ寄せがいくのが嫁なんだ。私じゃない。

 

責任感について自問してみる。

私は子どものアトピーについて無責任になっていないか。

刺激と反応の間を意識する以前に、刺激を受けることを回避していないか。

嫁の心理ケアとか、子どもへのアプローチの仕方とか、もっと出来ることがあるんじゃないか。

このことは課題として、しばらく考えてみたいと思います。