前にも少し書いたけど、アンカーを作りたいなと思いまして。

セルフコーチングしてみた(自分の本心を言語化できない件について)

NLPの本を読んでからずっと作りたかったんだけど、いざ作ろうとしたらどんなアンカーにしようかなって迷っちゃってて。

考えた末ひらめいたのが、【落着き】【集中】のアンカー。

心を落ち着けて集中状態に持っていく

これはすごく汎用性があると思うんだよね。

朝活前にも、仕事の前にも、休憩明けにも、悲しい時にも、イライラした時にも、etc

ホント、生活のいろんな場面で使える。

書いてて思ったけど、なんかタバコみたいだよね(笑)

でも、タバコよりもはるかに健康で安上がり。

これを利用しない手はないでしょうよ。

落着きと集中の理想形は私の中にちゃんとある。

それは、瞑想明けの状態。

心が奥まで透き通っている。

森の中で一人、全身で森の気配を感じているような。

鳥のさえずり。風の音。

手は「グワシ(楳図かずおさんのやつ)」みたいな。

・・・・

出来た。

世界中でただ一つ、自分だけのアンカー。

落着きと集中をどこでもすぐに得られるツール。

なんだか、一休さんの「あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ」みたい。

そうだ

このアンカーに「一休」と名付けよう。

名前を付けたらもっと愛着が。

というわけで、一休、使い込んでいきます。