久しぶりのブログ。

先週書いたけど、今就活中でさ。

自問自答がヘタっぴで失敗した話

履歴書職務経歴書が必要だってんで書いてたんス。

 

ツイッターでも書いたけど、書くのが最初すごくおっくうで。。。

私はブログを書きたい。

履歴書なんて別に書きたくないの。

いうなればブログを書きたい自分履歴書を書かなきゃな自分が対立してたんだよね。

 

私がブログを書く行為は、ミッションステートメントと結びついているから強い。

この強大なボス履歴書が立ち向かおうとしてたんだ。

 

こういう場合、解決策は2通りあって、

1つは、履歴書を強化してボスと正面から殴り合う方法。

履歴書を書く行為をもっと大きな目的に結びつけるかして、ブログを書きたいという想いを一時的に屈服させる。

今回私はこの方法は取らなかった。

 

もう1つは、ボスと対話する方法。

まずはボスの存在意義を認めてその働きに感謝する。

それから履歴書の大切さを伝えて、ボスに一旦休んでもらう。

 

なんたってミッションステートメントと結びついてるんだ。

ブログでみんなを勇気づけたいんだ。

ブログを書きたい自分のおかげで、ブログが書けている。

みんなに言葉を伝えることができている。

まずはその事実を認めて、ボスにそのことを感謝した。

 

ただね

 

履歴書を書かないと次の職が決まらない。

履歴書なんてかったるいけど、当面生きていくには必要な行為なんだ。

どうか今は協力してくれ。

 

そうやってボスに伝えたら、ビックリするくらい協力的になってね。

履歴書を書いている間も優しく見守ってくれているような気がした。

 

ボスと履歴書が殴り合っても、最終的には履歴書は完成しただろう。

でも、対話したからこそ、気分良く履歴書が書けたと思う。

気分が良かったからこそ生まれたアイデアもあったろうと思う。

 

やりたくない自分とやらなきゃな自分がいるとき、

殴り合いもいいけれど、対話という方法があることも念頭に入れておきたい。

 

ちなみに

 

自分との対話については、瞑想にも通ずるところがあると思うんだ。

対話というスタンスで臨めば、瞑想中の雑念処理ももっといい感じになるんじゃないかな?

瞑想について考えてみた(そうだ、雑念と対話してみよう)