昨日こんな記事書いたんですけど、、、

自問自答がヘタっぴで失敗した話

 

自分の本心を探るためには、的確な質問を自分に投げる必要があるという話で。

そのためには、自分に何の質問をするか選ぶことが必要なのよね。

 

昨日の記事で書いた場面で、私は質問の選び方を間違えていたんだ。

というか

それより手前の、質問を選ぶための基準すなわち目的の選び方から間違えていたようにさえ感じる。

本当は、今回の選考を辞退する自分の正直な気持ちを知りたかった。

でも、今後もその派遣会社とお付き合いしたいという目的で、辞退理由っぽい理由を探しちゃったんだ。

自問自答がヘタっぴで失敗した話

例えるなら、本当は夕飯でカレーが食べたくて買い物に来たのに、実際にはハンバーグの材料を探しているような感じ。

精肉コーナーとか野菜コーナーとか、カレーの材料があるところには行くんだ。

でも、ハンバーグの材料を探しているからカレーの材料が目に入らないのよ。

 

自分への質問力を高めることが今後の課題

って昨日の記事は結んだけど、より正しくは、

質問を選ぶ目的を選ぶ力を高めること

それが今後の課題な気がする。

そのために、自分にこうやって質問していこう。

どういう結果を望んでいるの?

 

※※このテーマで考えたこと※※

この記事で書いたことは私の中でとても重要なテーマなので、ブログの中で何度も取り扱っています。

関連記事はこちら(時系列順)

自問自答がヘタっぴで失敗した話

自問自答と第2の習慣の話(カレーとハンバーグを添えて)

セルフコーチングしてみた(自分の本心を言語化できない件について)