私は他者を味方だと思って生きたいと思う。

だと思って生きるより気持ちいいもんね。

実際、これまでの人生の中で、他者に対して敵対意識を持ったことはほとんどないと思ってる。

 

ところがですよ

 

最近、自分の中の敵の定義が変わりつつあって。

というか、気づきだねこれは。

 

相変わらず、日常生活の中で他者に対してムカつくとか嫌いという感情で支配されることはないんだけど、

悲しいとかイヤだなという感情が湧くことはあるなぁと。

仕事の中で小言を言われたり

自分の考えを否定されたり

ね。

 

そして、そういう時はいつもこんな気持ちが根底にあるんだ。

 

この人は私のことを分かってくれない

 

こういう気持ちになる時、たぶん私は相手を敵として認識しているんだと思う。

ほとんど一瞬の出来事なんだけどね。

こういう一瞬の出来事も含めて、味方しかいない人生だと思えるようになりたいな。

 

ところでこれ、裏を返せばこういうことになる。

 

この人は私のことを分かってくれる

 

と思ってもらえれば、自分は敵じゃないことを相手に示すことができるはず。

相手を理解することが、自分と相手の心をつないでくれるんじゃないだろうか。

 

この人は私のことを分かってくれない、と感じるときも

なんで分かってくれないんだろう?

この人はどういう考え方をしてるんだろう?

って具合に相手を理解しようとすれば、相手のことを敵と思わないで済むかもしれない。

相手にも、自分は敵じゃないっていう態度を示せるかもしれない。

 

他者といつもそういう関係づくりができたら、とても素晴らしいことだなぁと思うのだ。