アファーメーションのススメ

前にも書いたことがあるけど、私は毎日セルフイメージを唱えている。

毎日というより、スケジュールの1コマごと。

朝4時に起きて瞑想をする前に10回

瞑想後、ブログを書く前10回

出勤前に10回

・・・・などなど

1日のうちで何度も何度も、2~3時間ごとに唱えてる。

いわゆるアファーメーションってやつだね。

それ効くの?(笑)

って笑うあなた。

分かる。分かるよ。私だって始めたのは2か月前くらいだ。

言い聞かせだけで人生が変わるなんて、ありえない。

始める前は私もそう思っていた。

でも実際に変わっちゃうんだからしょうがない。

まだやったことないあなたは、1度でいいからやってみてほしい。

自分の状態に対する感度が高ければ、きっと変化に気付くはず。

その時マザーテレサはどうするか?

モデリングとか、アファーメーションとか、インカーテーションとか、いろいろな言葉があるけれど、

要は、良いセルフイメージを潜在意識に刷り込めりゃあOKなわけで。

自分に合ったやり方でやればいいと思うよ。

私も自分に合ったやり方を模索している。

最近発見したのは、具体的な人物をセルフイメージに取り込む時の注意点。

馴染みが薄い人だと効果がイマイチだってことに気付いた。

例えば、私がやっていたアファーメーションの1つに

「私はマザーテレサである」

っていうのがある。

他者を心から愛するセルフイメージを刷り込みたくてやってたんだけど、

ぶっちゃけマザーテレサがどういう人か、良く分かってなかったんですわ。

マザーテレサの本を読んだりしたけど、まだ理解が足りない気がしてた。

そうして、マザーテレサについてふわふわな理解のまま、これまで1か月くらいアファーメーションしてたんだけど

あ、これ意味ねぇな

と。

いや、意味ないこたぁないんだよ。

これまで職場と会話するのがクソ苦手だったのが、マザーテレサのおかげで出来るようになったし。

でもね、やっぱりマザーテレサのことがよく分かんないんだよ。

で、

よく分かんない人をセルフイメージに取り込もうとしてもうまくいかないことがあるんだよ。

例えば、

職場で仕事に集中している時に話しかけられたらマザーテレサならどうするか

どういう表情で

どこを見ながら

どういう言葉を返すのか

想像しようと思っても、難しいんだよね。

もっとマザーテレサについて勉強して、マザーテレサになりきる訓練をすればできるかもしれないけど

・・・・うーん、俺そこまでマザーテレサに思い入れがないな

って気づいてしまったんだ。

仮想の人物を取り込んでみる

私はマザーテレサである

というアファーメーションは、他者を心から愛するためにやっていた。

要は、他者を心から愛するセルフイメージが刷り込めれば、誰でも良いのだ。

といっても、具体的な人物だと、上で話したみたいに、上手くいかない場面がある。

だから、自分で勝手に仮想の人物を作って、その人をアファーメーションしてみる。

例えば、愛の神

私は愛の神である

とアファーメーションしてみる。

そうすると、具体的な場面でも想像ができる。

職場で仕事に集中している時に話しかけられたら愛の神ならどうするか、が自由に想像できる。

なぜなら、自分で勝手に作った仮想の人物だから。

もちろんマザーテレサみたいに具体的な人物をアファーメーションしても良いと思うよ。

でも、そうするなら、なるべく身近な人がいいよね。

こんな時にあの人ならどうする?って考えた時に、具体的なイメージが湧く人にしよう。

・・・・

あなたの人生に幸あれ メカ定吉